2009年02月07日

不眠でストレスやホルモンの分泌が崩れる

不眠でストレスやホルモンの分泌が崩れると、次のような症状や病気が出てきます。

1. 内臓脂肪が溜まりやすくなり、肥満になります。
2. 抜け毛が多くなり、禿げやすくなります。
3. シミ・しわなど肌のトラブルが増えていきます。
4. 意欲・やる気が無くなり鬱症状が出てきます。
5. 免疫力が落ちて、病気に罹りやすくなります。
6. 性機能が低下します。
7. ボケやすくなり、脳の働きが衰えていきます。
8. 幸福感・充足感を味わう感性が鈍くなります。

・・・これらは医学的な事実です。
≪睡眠革命≫

◎日本大学で行われた2万人を対象にした大規模な疫学調査によると、
睡眠不足は肥満や高血糖になる確率が1.36倍から1.27倍になるという
研究結果が出ました。

◆5時間未満の睡眠は・・・肥満になる確率が通常の1.36倍になる。
◆5時間未満の睡眠は・・・高血糖になる確率が通常の1.27倍になる。



以上のような、お金には変えられない諸々の損失を考え合わせると、一体どれだけの精神的・肉体的・経済的なマイナスをあなたは被っているのでしょうか? 

あなたは、今も毎日続いているその損失に、これからもずっと耐え続けますか?

夜や朝になると憂うつになり、昼の間もイライラして過ごし、そうこうしている間に心も体も年老いていく・・・
そんな生活でいいのですか? 

そんな人生に、あなたはこれからもずっと一人で耐え続けていくのですか・・・? ≪睡眠革命≫
posted by 眠り at 09:34 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あなたの眠りと人生を変える
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。